図柄の意味合い

こんばんは!
寒暖の差が大きく変化する日々が続いておりますね。
週末明けには東京都内でも雪が降るとの予報になってます!!
お出かけやお車を運転する方は十分にお気を付けください。

さて!今回はアートギャッベに描かれている
様々な図柄の意味合いをご紹介致します!

織り子さんがイメージをして描く図柄には
その一枚を織る織り子さんの想い願いが込められております。

代表的な図柄が「鹿」「生命の樹」になります。

現地のイランでは鹿さんたちが家族で寄り添いながら子育てをするため、
「家庭円満・夫婦円満」の意味がございます。

木の図柄をした「生命の樹」には
「健康長寿・成長を願う」の意味があります。


こちらは魚の図柄になりますが、
もともとイランには魚が生息していないため
魚をイメージしながら描いておりますので、珍しい図柄になります。
魚には「自由」の意味があります。


こちらのギャッベに描かれております、
四角い図柄は「幸せを呼び込む窓」と言われております。
”気の入口は玄関から”とも言われますので、
玄関サイズのギャッベはこちらの図柄が描かれているのが人気です!


そして、こちらが前回のブログでもご紹介いたしました「ザクロ」です。
アートギャッベの中でも特別な意味を持つザクロの木。
希少価値が高く、技術があり高尚な立場の織り子さんしか織れないと言われております。
意味合いとして「家族や一族を守る神木的な守り神で子宝がたくさん恵まれますように」と幸せな実をたくさん実らせています。

絨毯に描かれている図柄に願いや想いが込められているのは
アートギャッベの魅力です。

是非、当店で自然が織りなすアートギャッベ絨毯をご覧になってみてはいかがでしょうか♪
皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ち申し上げます。